So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の3件 | -

絵日記まとめ6/13~6/28 [日常絵日記]

パリ旅から帰って
旅絵日記にかまける日々でした。
なんとこの期間で3ページだけ!

ゆるゆるの日々です。


0613141516171819.JPG

062021222324.JPG

0625262728.JPG
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

世界の言葉で音楽『音楽と暮らそう』カレンダー7月はギニア共和国 [雑貨]

関東は梅雨が明けましたね。
私の住む関西はどうなのでしょうか。

急に暑くなって、おまけにムシムシするので
既にぐったりしています。

5月末からパリ旅行に行き、
先日年に一度の名古屋イベント出展も終わり、
まだまだ忙しい(近頃の私にしては)日々が続きます。
ぐったりしている場合ではありません。


さて、
世界の言葉で音楽『音楽と暮らそう』カレンダー
7月は西アフリカのギニア共和国です。

7ok.jpg

まずお詫びです。
Juryではなく、Julyです。
申し訳ありません!


ギニアの公用語はフランス語です。
フランス語で音楽は「Musique(ミューズィック)」
そして選んだのはジャンベ(フランス語でdjembéと書きます。)

ジャンベとは
西アフリカ一帯で伝統的に演奏されている
深胴の片面太鼓です。
バチを使わず素手で叩きます。
叩く位置をたたく手の形により
数種の異なる音が出せます。

ジャンベはギニア北東部が発祥で、
名前の由来はマリやコートジボワールで話される
「バンバラ語」で「ジェベバラ」
(ジェベ=調和、バラ=太鼓)と呼ばれていたものが、
各地でジェンベなどに変わっていったものと考えられています。
(1230年代から1645年まで西アフリカ一帯は
マリ帝国の領土でした。)
広い地域なのでジャンベについても
形状や素材について地域特性が見られるそうです。


アフリカも行ってみたい!
もちろん民族衣装(特にプリント柄)を見に行きたいのですが、
おまけに楽器の特性の違いを見るのも楽しそう。


皆さん、これからどんどん暑くなりますが、
音楽と共にテンション高く乗り切りましょう!

パリの旅絵日記はおいおい載せますね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

世界の言葉で音楽『音楽と暮らそう』カレンダー6月はチェコ共和国 [雑貨]

6月です。
今パリにいます。
この投稿は予約で5月半ばに描きました。

今どんな生活をしているのでしょう。
帰ってから報告します。


世界の言葉で音楽『音楽と暮らそう』カレンダー
6月はチェコ共和国
です。

6ok.jpg

チェコ語で「音楽」は
「Hudba(フドバ)」


そして音楽で選んだのは
Polka(ポルカ)というダンスです。

Polkaは2拍子の速いリズムが特徴の
回転組舞踊で、
ボヘミアンの民族舞踊に起源する
社交ダンスの一種です。

ボヘミア(チェコ共和国西部の地方)の人々は
ポーランド女性に対する称賛の気持ちから
これをポルスカと呼んだともいわれています。

短い半歩のステップが特徴のため、
チェコ語のプルカ(半分の意味)の
訛りであるという説もあります。

ダンス曲は1830年頃起こったチェコの民族舞曲です。



中学とか高校?とか
フォークダンス踊りましたよね?
今もあるのかな。

フォークダンスとは世界各国で踊られる
土着の踊りの総称で
ポルカもフォークダンスです。

子供の頃は
ただ恥ずかしかった気がします。
今ならノリノリで踊れるかしら。
ノリ悪い私ですが。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート
前の3件 | -